真永通商の歴史

  • HOME
  • 真永通商の歴史

真永通商の沿革

1978年03月
名古屋市中村区名駅四丁目15番地22号六連鯛ビル2階にて、現社長が角部長をスタッフに得て中古住宅・ マンション売買及び仲介を主業務として、不動産業を創業。
1978年09月
宅地建物取引業の認可を受ける。
1984年10月
現本社所在地に自社ビルを建設し、移転。事業部制を敷くと同時に、事業エリアを岐阜・三重にも拡大。
1989年11月
名古屋市千種区池下にリースビルを建設。
1990年04月
名古屋市東区芳野に賃貸ビルを建設。
2001年04月
本社を土地活用にてHARADA栄南ビル2階に移転。
2006年10月
ゆうゆう倶楽部春日井・ゆうゆう倶楽部南山・ゆうゆう倶楽部鳴海、三事業所の愛知県高齢者円滑入居賃貸住宅の認可を受ける。
2008年02月
ゆうゆう倶楽部各務原(高齢者専用賃貸住宅)認可を受ける。
2008年04月
ゆうゆう倶楽部三好(住宅型有料老人ホーム)認可を受ける。
2010年02月
ゆうゆう倶楽部藤が丘(高齢者賃貸住宅)認可を受ける。
2010年11月
ゆうゆう倶楽部もとしお(介護付有料老人ホーム)認可を受ける。
2011年01月
資本金を3,000万円に増資。
2012年04月
ゆうゆう倶楽部小牧(サービス付き高齢者向け住宅)認可を受ける。
2012年04月
ゆうゆう倶楽部柳ヶ瀬(サービス付き高齢者向け住宅)認可を受ける。
2012年04月
ゆうゆう倶楽部稲沢(住宅型老人ホーム)認可を受ける。
2015年04月
住宅型有料老人ホームの認可を受ける。(ゆうゆう倶楽部 春日井・南山・鳴海・藤が丘)
2017年04月
ゆうゆう倶楽部岩倉(サービス付き高齢者向け住宅)認可を受ける。