マンションの売却すぐにでも売りたいです!!

ホーム>よくある相談ケース1
そのお客様との出会いは、
突然のお電話からでした。

相談内容
「交通の便がよいところにマンションを所有している。
いい金額で売ってくれないか。早急に来てくれ。」

【お客様の状況】

訪問先は売却を進めているマンションとは別に所有されているマンション。その1階に住まいを構えておられました。 名古屋市内の総合駅徒歩圏内、築15年鉄骨造4階建て、入居率もよさそうに見えました。15室中1室空、1階店舗は1ヶ月滞納の状況でした。
当社にお電話いただいたのは、この売却予定のマンションの建設前に相続が発生し、土地を一部売却して税金を支払った。その際当社がお仕事をさせていただいたとのこと。
15年賃貸事業をしてきたが借財とのバランスが悪化、他の借財もあり売却し換金したいとのことでした。不動産賃貸事業では大先輩。売却に当たっての手残り金額の計算をすぐにされていました。ほかに二社に一般委任を出されていました。
十分に売主様の思いを伺い、そのあと、売却時期、すなわち現金を受け取りたい時期は何時ですかとたずねました。
やりくりしてきた奥様が間髪いれず、それは勿論すぐにでも。といわれ言われました。

しかし!!私は、申し訳ないですが、この金額では私どもは委任を受けられませんとお伝えした上で、その根拠となる、将来の賃料減、大規模修繕がすぐにでも必要なこと、また購入者の資金調達の方法と収支の話をさせていただきました。
その上で、大手不動産会社の査定額の15%ダウンの金額で再度売り出しすることになりました。

売却される方に理由があるように購入される方にも理由があります。
今日の買付金額以上の金額の買い付けが入る保証はどこにもありません。

以前は、時間をかければ売却金額が上がるといわれていましたが、今は時間がかかると売却金額は下がる傾向です。
また所有している時間の経過分だけ経費もかかります。

この物件は受任してから1ヶ月で売買契約となりました。
奥様に、一安心していただきました。
担当者の声 大手不動産会社の査定額と購入される方の希望額はよく開きがあると伺います。もちろん高く売れることに越したことはありませんが、それでいいでしょうか?昔と状況はかなり違ってきております。今回は売れない期間が長くなるリスクを踏まえたご提案こそがお客様のためになると思い、15%ダウンの金額をご提案させていただきました。お客様にはとても安心していただきました。お客様の安心できる売却こそが私たちの使命です。売却物件でお困りの際はぜひ、売買流通課 資産運用チームまでご相談ください。
click